· 

暑い夏の過ごし方 ~2021年ver~

こんにちは!

 

 

ここのところ、梅雨の中休み🌞

 

太陽がサンサンと輝き、初夏の香りがしていますね🌿🌿🌿

 

 

アーユルヴェーダでは 太陽のパワーが強まる夏~初秋(6月中旬~10月中旬)は

ピッタ(火のエネルギー)が最も増える季節としています。

 

 

 

✔︎夏を乗り切るアーユルヴェーダの知恵 2020ver (⇦食べ物のこと中心に書いた過去の記事です)

 

 

 

 

火のエネルギーが増えるとは言っても、体力の消耗が激しく消化の火(アグニ)は、

 

1年で最も小さくなり、消化力が減ってしまう季節なのです。

 

 

だるさや疲れ、無気力、食欲不振、睡眠不足、消化不良、手足の冷えなどの

 

夏バテ症状が毎年やってくる方、今日の記事を最後までお読み下さいませ👍🏄‍♀️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏バテとは???

 

アグニ(消化の火)が弱まる👉👉 👉消化力ダウン👉👉 👉 体力の消耗がすすむ😦

 

これこそが夏バテの原因💦

 

 

🔥消化の火を弱めずに、体をクールダウンさせる事が夏バテ予防の鍵と言えます🔑

 

アーユルヴェーダが勧める夏を快適に過ごすための生活方法をご紹介💁‍♀️

 

 

🌿充分な睡眠をとる😪💤

 

🌿日中など暑い時間の活動は控える

  👉直射日光に当たらない工夫を⛱👒

 

🌿冷性をもつ、水分が多く、甘い食べ物を食す

(夏野菜、果物、温かい地方で育った食べ物など。消化がそんなに落ちてなければ生で食べるのが良い)

 

🌿辛くて刺激のあるもの、酸味の強いもの、味の濃い食べ物は避ける

  👉辛味、酸味、塩味はピッタを増やします🙅‍♀️

 

🌿コーヒー、タバコ、アルコール、炭酸飲料など刺激物を控える

  👉冷たい飲み物は一気に消化酵素を鈍らせます! 

   氷たっぷりアイスコーヒー、キンキンに冷えたビール、かき氷、アイスクリーム🍨・・・・

   美味しいけど、おすすめはできません😭

   飲み物は白湯がベストでマストです!  

 

 

🌿闘争的なことは避け、穏やかに過ごす

  👉競技、怖い刺激的な映像などは避けます。ピッタの持つ闘争心を沈めるために、他人と比べたり、白黒はっきり付けようとしすぎないこと。

 

🌿満月を観賞したり、野山の自然に触れる

  👉日差しをさけ、海を遠くから眺めるのも効果的。自然の景色に触れましょう

 

🌿プールなどで、熱くなった体を冷ます

  👉物理的に冷やします。

   電気のエネルギーのエアコンより、水に触れる=ヴァータ(水、風のエネルギー)の性質を高める事でドーシャのバランスを取ります。

 

🌿グリーンやブルーなどを使用したお部屋の模様替え

  👉青や緑などの落ち着いた色はピッタを鎮めます。

   ヨガマットの色を選ぶ際も、ご自身の体質や季節に応じて選んでみてはいかがでしょう😉

 

🌿お風呂はぬるめのお湯(38度~40度)につかる

  

 

🌿ウォーキングやストレッチなど適度な運動、深呼吸をする

  👉激しい運動はさけ、しんどい時はシャヴァアーサナでリラックス♪

 

🌿海や滝の音、水の流れる音を聴く

  👉聴覚からも、クールダウン♪

 

🌿クールで甘い香りを楽しむ

 

(おすすめアロマオイル・・・サンダルウッド、ローズ、ジャスミン、カモミール、ペパーミント、 など)

 

この夏は、これらの生活方法を参考にして頂き、

 

夏バテ知らずで、夏を楽しみましょう!!

 

 

 

ご自身の体質のことなど、知りたい事がございましたら福野までお気軽にご質問くださいませ💁‍♀️

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

 

 

 

 

🙏