英雄のポーズ1、2

こんにちは🌞

 

あっという間に10月も後半。

 

寒くなったり、暖かくなったり・・・

着るものの調節が難しい今日この頃、皆さまお元気に過ごされていますか?

 

さて、今日はアーサナ解説シリーズ第2段!

(前回→ハッピーベイビーのポーズとチャイルドポーズについて

 

 

英雄のポーズについて書いていきます。

 

比較的、登場頻度の高い有名なこのポーズ

 

「戦士のポーズ」とも呼ばれます。

 

 

サンスクリット語では

ヴィーラバッドラーサナ

 

(ヴィーラバッドラー=破壊の神シヴァの化身、ヴィーラバッドラを讃えるポーズ。怪物に立ち向かう戦士の象徴。

 アーサナ=ポーズ)

 

英語では

Warrior (ウォーリアー

ですので、クラスの中でこの呼び方をする先生もいらっしゃると思います。

 

 

このポーズは,Ⅰ,Ⅱ,Ⅲと3パターンあり、それぞれに難易度や体の形が変わります。

今日はⅠとⅡをご紹介します。

 

 

 

 

 

英雄のポーズⅠ

 

太陽礼拝Bの中にも入っていたりと、登場頻度の高い、ヨガの基本的なポーズ。

 

下半身強化と柔軟性アップに効果的。

 

お腹から後ろ脚を強く蹴り出す意識をする事で、インナーマッスルの腸腰筋を鍛える効果も生まれます。

両足でしっかりと大地を踏みしめ、強固な土台を作ることで

自分の内なる強さを感じることができるポーズです。

 

【やり方】

1, 両足を揃えて立った状態から、片足を大きく後ろに引きます。この時後ろ足のつま先は少し外に開きます

2, 後ろ足の力をキープしながら、吐く息に合わせて前脚の膝を曲げます。力は両脚に均等に加えます。

 

3,  息を吸いながら両腕を頭上へ伸ばします

 

 

✔️チェックポイント

 

・骨盤は前の壁と水平に、胴体にねじれが生じないようにします。

・膝は、カカトの上。膝頭が爪先より前に出ないように🙆‍♀️

・膝と爪先の向きは同じ「正面」です。膝だけが内側に入らないように🙆‍♀️

 

 

 

 

完成形としては、顔を上方へ向け、目線を指先へ向けますが

肩が詰まる感じがあったり、呼吸が深くしづらい場合は、顔を正面に向けたままでOKです☺︎

 

 

 

 

 

 

英雄のポーズⅡ

 

英雄のポーズIIは上半身、下半身を共に大きく広げ体を解放するポーズです。

英雄のポーズIと下半身の形は似ていますが、骨盤の向きや上半身の形が違うことで、異なる効果を得られます。

脚を大きく開く事で、股関節周りを気持ちよく伸ばすことができます。

主に下半身の引き締め、足首の強化とストレッチ、精神の安定、代謝アップにも効果があると言われています。

【やり方】

1, 片脚を大きく後ろに開きます。後ろの足はつま先が横(〜斜め45度)を向くように、前の足はつま先が正面を向くように調整します。

2, 息を吐きながら、前の足の膝がカカトの真上に来るように曲げます。腰が反ったり体が前に倒れたりしないように、上体を縦まっすぐに保つよう意識しましょう。

3, 両手は肩と同じ高さを保ちながら、左右に腕を伸ばします。肩に力が入らないよう、胸を開きながら優しく腕を伸ばします。

✔️チェックポイント

 

・膝は、カカトの上。膝頭が爪先より前に出ないように🙆‍♀️

・膝と爪先の向きは同じ「正面」です。膝だけが内側に入らないように🙆‍♀️

 (英雄のポーズⅠと同じ注意点ですね)

・上半身が前につんのめってしまわないように、上半身のベクトルを縦に意識し続けましょう。

・目線は前の指先の延長線上へ、顎が浮かないように、首の後ろを長く保って。

・腕は床と並行。手の平が胸の高さに来るよう意識すれば、上がりすぎることがなくなります🙆‍♀️

 

 

 

 

 

 

いつもレッスン中、このエネルギーの流れを、一生懸命日本語で説明しているのですが、

ブログって便利ですね😂

☝️こういう事です!

 

 

英雄のポーズは、注意点も多々あるのですが、

「戦士」の名前通り、堂々とポーズを取ることで、活力もみなぎり、集中力も高まっていきます。

 

筋力と柔軟性、どちらも必要になってくるポーズなので

苦手意識のある方は、一度インストラクターにご相談ください☺️

 

 

 

次回のブログは、各インストラクターの好きなアーサナについて書く予定です!

お楽しみに😉

 

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

 

🙏