· 

ねじりのポーズあれこれ

こんにちは😉

 

新緑で視力が良くなった気がする今日この頃🌿、皆様いかがお過ごしですか?

 

 

今日はねじりのポーズを解説!

まずは

 

アルダマッツェンドラアーサナ

 

半分の魚の王のポーズ

 

座ったねじりのポーズの代表的なこのポーズ。

 

 

🌿効果効能

肝臓および腎臓の活性化・肩、腰、首のストレッチ・背骨の活性化・腹部の消化の火を活性化・月経時の不快症状、疲労、坐骨神経痛、背中の痛みを軽減 ・ぜんそくや不妊症の治癒

 

 

腰を痛めてしまいやすいので、胸を開き背中が腰を反らさないようにする事がポイント💡

 

腹筋も大切💁‍♀️

腹筋を閉めて、お腹の壁を腰骨に近づけていくと安定します。

首は長く、肩がつまらないように下げておきましょう。

 

骨盤に対し、顔の向きが、水平方向に90度回転しますが、どこか一点でねじろうとせずに、

背骨全体に満遍なく優しいねじりを加えます。

 

呼吸が浅くなりがちですが、

落ち着いてゆっくりと呼吸する事で、内臓や背骨周りの調子が整います!

 

リラックス効果が得られるので、寝る前にもオススメです🌝

寝る前には、こちらもオススメ

 

ワニのツイストポーズ

ジャタラ・パリヴァルタナーサナ

 

腸を刺激し、消化を促します。

副交感神経を優位にしてくれるこのポーズ。

ゆったりとした呼吸と共に、心地よさを存分に味わうポーズです😉


 

立ちポーズにねじりを加えると、体幹強化や下半身の調整にも繋がります🦵🦵

 

⬇︎

⬇︎

パリブリッタ・トリコナーサナ

ねじった三角のポーズ

 

 

パリブリッタ・パールシュバコーナーサナ

ねじった体側を伸ばすポーズ


ねじりのポーズを極めればYOGAマスターへの大きな一歩を踏み出せます♪

”苦しい”ねじりから”心地良い”ねじりへ☆

練習を重ねていきましょう(*^-^*)

 

AKI