· 

立ち木のポーズ

今年もスタジオに大きなクリスマスツリーが登場しました🎅🎄

 

クリスマスの雰囲気って気分もウキウキ、ワクワク♡

してきますね✨

 

 

さて、

 

本日はツリーにちなみまして

 

「木のポーズ」

 

を掘り下げてみます⛏

 

 

 

 

〔サンスクリット語〕ヴリクシャアーサナ

 

ブリクシャ=木、アーサナ=ポーズ

 

〔英〕ツリーポーズ

 

【主な効果】

・体幹の強化、姿勢改善

・脚全体の筋肉の強化

・股関節外旋の柔軟性UP

・大腿四頭筋ストレッチ

・バランス感覚・集中力UP

 

 

※バランスに不安がある場合は、机や壁などに手を置いて練習しましょう。

※股関節や太ももの柔軟性が足りない場合 や怪我をしている場合は、上げる足を低い位置に置きましょう。

 

 

ヨガでは1本足で立つバランスポーズが数多くありますが、それらの基礎となるポーズです。

 

 

【やり方】

①足の裏全体で床を踏みしめながら、背筋を伸ばす。(ターダアーサナ)

②右脚を持ち上げて、徐々に左脚へ重心を乗せる。

③右足を、軸足になる左脚の太ももに押しつける。太もも内側と足裏で互いに押し合うイメージで。

 

上げる足の位置は、初めは低い位置から試してみます。

バランスが取れそうなら、膝の横は避けて、徐々に足の位置を高くしていきます。

もちろん、上げる足の爪先が床についている状態でもOKです。

 

「安定して呼吸ができる=その人にとっての正しいポジション」

 

これをお忘れなく⭐︎

 

内太腿まで上げてさらに余裕のある方は、

付け根に足を置いてもいいです。

 

足裏を押し付ける形でも言える事ですが、

 

付け根に足を乗せる形(半蓮華座)では、股関節を外に回していく意識が大切なポイントです!

 

 

ただ、片足で立った状態で、落ち着いて

股関節がどうのこうの〜考えている余裕ってなかなかないですよね💦

 

 

 

そういう場合は、土台を変えて練習します💡

 

 

 

 ☝️

ジャーヌシールシャーサナと脚の形は同じなのです!

・曲げた脚の股関節を外に回す

・足裏と内腿を押し合う

 

これらは座っていても意識できることなので、ぜひ木のポーズをする前に、落ち着いて脚の形を意識してみてくださいね!

 

 

また、腕の形で得られる感覚も違ってきます

 

写真のように、頭上での合掌や、腕をクロスさせての合掌は

縦の軸を感じることができ、集中力が高まります。

 

一方、両腕をY字に開くと解放感が増していきます。

 

 

アレンジの幅が大きいこのポーズですが

どの形になっても重要なポイントは

 

軸足のおしりと太腿の筋肉を強く保ち、持ち上げた足裏と押し合うことで、

下半身に力強さと安定感を生み出す。

その働きの連動作用によって、上半身が伸びやかに、軽やかに整います。

2つ目は、視線を一点に集中すること。

これも重要なポイントで、視線が安定することで、心と体に調和的なバランスをもたらします。

 

 

 

よく

「今日はバランスで全然止まれなかった〜グラグラした〜」

というお声を伺います。

 

何か心配事がある時など、心がザワザワしているとバランスポーズがうまく取れない、そんな日もあります。

グラグラすること=悪いこと

ではありません。

 

揺れている自分を肯定し、それを観察することに意味があります。

 

「倒れるかもしれない」

という不安を克服することで、自分に信頼感が生まれます⭐︎

 

 

 

 

バランスポーズの応用として

 

こんなポーズ

 

 

もございます。

 

自分と向き合う、バランスのポーズ。

苦手な方もおられると思いますが、

その名の通り、心身のバランスをもたらしてくれるポーズですので

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました🙇‍♀️

 

 

 

メリークリスマス!

 

🎅