学生時代の部活は?【スタッフインタビューシリーズ⭐︎】

こんにちは☺︎

 

いつもSOLヨガスタジオブログをご覧くださり、ありがとうございます🙇‍♀️

 

 

さてさて、

 

本日は、スタッフインタビューシリーズ第二弾!

 

(第一弾→秋と言えば?も合わせてどうぞ♡)

 

 インタビュアー、福野でお届けします🎤

 

「学生時代の部活は何でしたか?」

 


店長☆AYA

 

「ラグビー部マネージャーです笑

いち早く怪我人を見つける事、ヤカンを持って走る事に命かけてました!!」

 

 

意外や意外!

店長は、ダンス部、バトン部、新体操部のどれかだと予想していました(*'.'*)

 

しかしながら

頑張る人の為に、走り回っておられたのこと。

怪我人をいち早く見つける=今、お客様の体のデータを全て把握する

ことにつながっているのかな〜

 

 

と、納得!

 

☆AICO

 

「安定の帰宅部

スポーツクラブ行ってました笑」

 

 

高校時代にスポーツクラブに通われ、そこでヨガと出会ったそうです☺︎

10代でヨガを始められたAICO先生。

そこからこれまで、鍛錬を積んでの「今」があるんですね。

質の高いレッスンにも納得!です!

 

 

☆SHINO

 

「陸上部短距離です。

 ストップウォッチ片手にストイックに走り込むAKIさんを遠くから眺めていました」

 

 

そう、何を隠そう彼女は私の陸上部の後輩です!

いまだに『あきせんぱ〜い』と呼ばれています笑

(インストラクターとしては福野が後輩なのに😅 )

SHINO先生は、当時から姿勢がよくて、美しいフォームで走ったり、高跳びをしてました☺︎

ちなみに、背は今より16cm低かったので、ちっちゃなSHINO先生でした♡

 

 

 

☆TOMOMI

 

「バレーが好きで、バレーボール選手になるのが夢だったんですけど、

父に勧められテニス部に入りずーっとテニス🎾一本で、黒豆ぐらい真っ黒けになってやってました」

 

 

癒し系のTOMOMI先生、実はばりっばりのテニスプレイヤーだったそうです🎾

黒豆だったなんて想像できませんね😉

そこで培った忍耐力と力強さ、そしてそこに最強の癒しを持ち合わせた、TOMOI先生。

魅力的ですね♡

 

 

 

☆HITOMI

 

「バレーボール部でした。

 小学生の頃読んだ『サインはV』という漫画に感化されて、迷わず入りました。

 漫画の影響もあり人生で一番頑張った時期だと思います笑」

 

 

HITOMI先生、バレー部っぽい〜!

レシーブ受けてる姿が想像できるっ💪

真面目で頑張り屋さんのイメージがあるHITOMI先生、

「人生で1番頑張った」

と言い切れることがあるって、ご自分の誇りとして持っておられるからこその、

今のHITOMI先生がおられるのだなーと思います♪

 

 

 

☆MARIKO

 

「私もバレー部キャプテンでした。

サインはVに憧れて。瞳ちゃんと同じとは!私はTV📺ですけど。」

 

サインはV、たくさんの人の青春に影響を与えていたんですね!

読んでみよう。

MARIKO先生、キャプテンを勤めてらしたとのこと。

今、トライアスロンの兵庫県代表チームの監督も勤められているのですが

リーダーに向いていらっしゃる、頼もしい先生です☺︎尊敬します⭐︎

 

☆POO

 

「柔道部マネ。

柔道部は、誰もなり手がなく、友達に頼まれて。

部室が、超アセ臭かったことと洗濯(手洗い)が大変だった記憶があります。

上京した年には、部員だった友達から頼まれて東大の学園祭で「焼きそば」を売ったこともありました!」

 

 

えー!東大で焼きそばー!←そこ

POOさん、柔道部とはめっちゃ意外ですが、大変な仕事を率先してやる、

それを普通にできることが素晴らしいです。

普段から、スタジオ内の名も無い雑用全般、率先してやっていただいでおります。

ありがとうございます♡

ちなみに・・・

 

 

福野は前述の通り、陸上部で長距離でした。

ひたすらひたすらグルグル走っていた中学時代・・・

しんどいのによく頑張っていたなと自分でも思います😅

 

 

今回、スタッフの部活について聞いて思ったこと

 

 

今まで経験した全てのことが、今の自分を作っている

 

 

 

 

これに尽きるなと。

 

 

 

 

スタッフとの共通点、ございましたか?

 

この話題、SOL内で大盛り上がりでしたので、皆様の学生時代のお話も

是非お聞かせください♪

 

 

今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました

 

🙏