体を温める⭐︎呼吸法と食べ物

季節が一つ進み、寒さが増してきた今日この頃

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

今日は、体を温める呼吸法と食事についてお伝えします。

 

 

 

体を温める呼吸法

「カパラバディ」

 

お腹に圧をかけるこの呼吸法は

 

体を温める効果以外にも

・肺、呼吸器系をキレイにする

・お腹の筋肉を強くする

・酸素をカラダ全体に送る

・消化器系の働きを改善する

・アンチエイジング効果や美肌効果

・思考をクリアにする

 

などの効果が期待できます♪

 

 

【やり方】

1. 両鼻から息を吸いお腹を膨らませます

2. 両鼻から強く一気に吐く時に、横隔膜を引き上げ、お腹を凹ませます

3. 「フンっフンっフンっフンっ」と

  1秒に1回のペースを繰り返します。(肩の力を抜いて、吸う息は自然に入ってくるような感覚で行います)

 

※満腹時、高血圧、心臓疾患、腰痛の酷い方は行わないで下さい。

 

 

もう一つ

「バストリカ」

という呼吸法も紹介します

 

バストリカには「ふいご」という意味があります。

 ふいごの「縮めて空気を吹き出す」→「広げて空気がたっぷりはいる」

の動きに由来していると言われるこの呼吸法は

 

 

使い古した体内の酸素を勢いよく吐き出し、

さらに綺麗な酸素を勢いよく取り込まれることで、

体が素早く温まり、また心臓や肺、気管支など

内臓器官の活性化にも効果的です。

毒素排泄にも効果的と言われています。

 

 

【やり方】

 

1、お腹を凹ませるときに鼻から息をフンっと出す

2、お腹を膨らませる時に鼻から吸い込む

慣れるまではゆっくり、慣れてきたら素早く行います。

 

カパラバディと似ていますが、

「スっハっスっハっ」

のリズムで吸う吐くを交互に繰り返します

 

 「カパラバディ」も「バストリカ」も

1セット1分を目安に。慣れてきたら3セットぐらい行うと良いでしょう。

 

 

※満腹時、高血圧、心臓疾患、腰痛の酷い方は行わないで下さい。

 

 

アーサナに比べると、なんだか地味なイメージの呼吸法ですが

心身を健康に保つために、ぜひ生活に取り入れてみてください☺︎

 

 

 

 

毎日口にする食べ物も、少しの意識で冷えの改善につながっていきます。

 

基本的に

・冬が旬

・寒冷地で育つモノ

・精製していないモノ(玄米や黒砂糖など)

・地中で育つモノ

・発酵食品

 

のほとんどは体を温める温性の食品ですので

冬に積極的に食べたいですね😉

 

具体的には

・ニンジン

・カボチャ

・タマネギ

・レンコン

・ゴボウ

・自然薯

・玄米

・鮭

・納豆

・キムチ

 

などが挙げられます

 

スパイスもほとんどが体を温める性質がありますので、

秋冬には特に使っていきたいですね☺︎

 

スパイスを使った簡単なお料理など

スタジオのアーユルヴェーダヨガのクラスでお伝えして参りますので

是非、お越しください!

 

 

以上、簡単ではありますが

 

「体を温める」

について書かせていただきました。

 

すぐにでも取り入れられることですので

冬が苦手な方は、お試しあれ♡

 

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました🙏